発注する

Printer

伝票印刷の発注について

伝票印刷はさまざまなサイズや内容があります。企業や商店には必要不可欠な物です。領収書などの市販の伝票もありますが、会社独自の仕様(内容)にすることが便利です。社内の入出金伝票やクライアント(顧客)への納品書、領収証などたくさんの伝票印刷が行われます。インターネット通販の場合は商品注文が完了後、情報が電子化されているので、そのデータをプリントし納品書や領収証に利用します。他にも仕入れ伝票や作業伝票などさまざまな種類があります。伝票印刷は会社設立から必要となるので古くから付き合いのある印刷会社へ発注することが多いです。変える必要性が少ないことが理由です。電子化されパソコンで伝票印刷も行えるようになりましたが、印刷会社への伝票発注は今後も無くなりません。

通販サービスを利用する方法

伝票印刷を印刷会社に発注する方法として、パソコンが無い時代は印刷会社へ内容説明しレイアウト制作、印刷加工し納品してもらうことが定番でした。現在も同じ発注方法を利用する会社も少なくありません。最近ではインターネット普及により、印刷通販サイトを利用する方が増えております。チラシやポスター、DM(はがき)、封筒などの利用は簡単、便利です。伝票印刷もネット通販で行えますがチラシや封筒ほど需要が少ないです。伝票は複写があるので1枚目、2枚目、3枚目、差し替え部分などのデータを作らないといけない。入稿データを失敗すれば、チラシと比べ損失費用が大きいことから発注がチラシほど増えておりません。上手にデータを作れる方は利用するとお得です。